安心で安全な眠り

small drugs and big drugs

夜、眠らなければならないのになかなかその時が訪れない。あるいは眠りが浅くてちょっとしたことで起きてしまう。ベッドやまくらはきちんとしたもので、騒音問題などもないのにそういうことが起きてしまうとき、それは眠ろうとする人自身の問題である可能性が大です。睡眠障害になってしまっているということです。この場合には、羊を数えたりベッドやまくらを変えるのではなく、その人自身の問題を解決する必要があります。睡眠薬を使い、ぐっすりと眠れるようにするのです。
睡眠薬には様々な種類のものがありますが、特に今よく使われているのは心をリラックスさせる効果がある睡眠薬。
睡眠障害は心が不安定な状態に置かれているときになりやすいものなので、睡眠薬によって心をリラックスさせることによってしっかり眠れるようになるわけです。
製品としては、アモバンやルネスタといったものが良く使われています。これらの睡眠薬は、数ある中でも特に安全性が高く、安心して眠れるというのが最大のセールスポイントとなっています。安心で安全な眠りを実現してくれる薬であるということです。
心に作用する薬にはさまざまな副作用があったり、1ヶ所だけでなく色んな部分に作用を与えたりといった性質があるのですが、アモバンやルネスタの場合には副作用は少なく、特にアモバンは「眠りを支えること」だけに特化した作用をします。
人は、人生の3分の1を眠りに費やしているとされています。その時間を「有意義」に過ごせるように、良い薬を選びましょう!

drugs on the leaf

非ベンゾジアゼピン系

心に何らかの作用を与える薬にはさまざまな系統のものがありますが、アモバンやルネスタといった睡眠薬は「非ベンゾジアゼピン系」という系統に属しています。「眠り」だけを追求した薬です。

vial and drugs on black background

進化する睡眠薬

睡眠障害や不眠症というのは時代を超えて、多くの人が悩んできたものですが、現代医学が発達した今、睡眠薬は日進月歩の進化を遂げています。例えばルネスタはアモバンの「進化形」です。

drugs are arranged in rows

副作用について

睡眠薬は安眠を約束してくれますが、そのかわりにちょっとした副作用ももたらします。現在の進化した睡眠薬はそれが最小に抑えられていますが、やはり存在するので要注意です。